読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

煙草を吸い始めてから何をするにもまず煙草を吸ってからじゃないと始められなくなってきてて、最近はネットしながら「エロゲしてぇなぁ…」と思ってもまず煙草を吸いにベランダに出てエロゲをするぞ!という覚悟を決めないと始められなかったりする。
俺にとって「したい」と「する」の間には結構分厚い壁があって、家に帰る電車に乗りながら「あのアニメみたいしゲームも進めたいし、あれもしたいな」と色々帰ったらしたいことが思い浮かんで早く家に帰ろうという気分になるんだけど、いざ家に帰ってくるとニコニコ動画で特に面白くもなんともないゲームの動画をボケーッと見て過ごしてしまったりする、書いてて可哀想な人みたいになってきた。意志薄弱。オナニーは特にしたくなくてもなんとなくでするのにね。

後悔とか劣等感とか、そういうマイナスな感情なんて糞の役にも立たない。安っぽい自己啓発書か。

本当に糞の役にも立たない。大学に入ってからは主にサークルに入らなかった事を後悔してはやたらに惨めな気分になってた。今年の上半期は流石になんかしなきゃなと思って自主的にインカレのゼミみたいな物に参加して、これはどこに出しても恥ずかしくない真面目でご立派な事をするゼミで、結構有意義に半年間過ごせて他大学に友人が出来たりと非常に良い感じだったんだけど、その活動が楽しければ楽しいほど「ああ初めからサークルに入ってれば四年間ずっとこんな感じでワイワイ過ごせたのに俺は何をしてたんだもう大学生活は一年間しか残ってないしそしたら後は働いて死んで終わりだ」みたいな事ばかり考えてしまってせっかくの良い感じも台無しになる。糞の役にも立たない。

そのゼミで知り合った友達に、こいつは凄く人間的によく出来てる奴なんだけど、そいつに「カードの支払ヤバイから唯一の趣味だったカメラ売らなきゃだわ」みたいな事をヘラヘラ話したらすごい真剣に「それはよした方が良くない?」と言ってくれた。いいやつだ。(結局カメラは売った、俺はクソだ)