読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ARIA The AVVENIRE』感想。

消費文化が一夜にしてパッ!と消えてなくなったって、構いやしない。

 そうなれば、みんな運命共同体になって、人生は鶏だの封建制度だのに

 かかわりあうようになってさほど悪いものではなくなるだろう。でも、

 誰もがボロを着て地に足をつけた暮らしになり、放置されたサーティー

 ワンのチェーン店内で豚を飼うようになったころに、空を見上げて、

 ジェット機が見えたとしたら・・・・・・・・僕は荒れ狂うだろう。

 すべての人間が暗黒時代に舞い戻るか、誰も戻らないか、だ。」

       ――『シャンプー・プラネット』ダクラス・クープラン

 

 

というわけで、劇場版『ARIA The AVVENIRE』の感想を書きます。

 

capitolo1「その 逢いたかったあなたに…」

むむ・・・この曲は「鐘楼のパトリ~ ネオ・ヴェネツィア~」のアレンジバージョンですな・・・・つーか・・・・鐘楼の・・・あっ、あっー・・・・・・ッスーーーあーっ・・・・・

 

あっあっあっ水無灯里さん・・・髪型が・・・あっ・・・・ッスーーーあーっ

あっウンディーネ・・・あーこういう感じか、なるほど・・・・あっー・・・

これ・・・「その、オレンジ色日々に・・・」と同じ感じの、世代が、成長がね・・ッスーーーあーっ・・・・・

 

capitolo2「その 暖かなさよならは…」

んっ・・・・ユーフォリアだ・・・3部構成・・・あと2つ・・・あっあっ・・・ッスーー

・・・・・アイちゃんかわ、かわ・・・・んー・・・あっ・・・・・

 

・・・大人になる・・・・・

 

あっ水無灯里さんの顔、この表情、表情がね・・・あーケット・シー、あーー・・・・

ンュ・・・・マジか・・・・・不思議がね・・・・マジか・・・

 

capitolo3「その 遙かなる未来へ…」

許してくれ。